ワンルームマンション投資
  1. Top
  2. » ワンルームマンション投資遅延損害金

長期滞納リスク・家賃滞納リスク・流動性リスク

スポンサードリンク


ワンルームマンション投資のリスクの中でも
「長期滞納リスク」「家賃滞納リスク」「流動性リスク」への対処法です。


「長期滞納リスク」は2重・3重の損失の恐れ!

入居者が必ず毎月きちんと家賃を払ってくれるという保証はどこにもありません。
家賃を長期滞納したり、居座られたり、夜逃げされたりという問題が発生するリスクがワンルームマンション投資にはあります。
保有物件が1件しかない場合、そのダメージは100%になってしまします。
家賃滞納は経理上未収金という扱いになり売上として計上しなければいけませんので、課税対象になります。
マンションオーナーにとっては2重・3重の損失になってしまいます。


「家賃滞納リスク」に対処する

入居者審査を厳格にする
入居者審査のチェックポイント
職業と勤務先→会社員など定期収入がある職業かどうか
年収→年間家賃の4倍以上の年収があるかどうか
連帯保証人→親や親族などの保証人か保証会社
滞納発生時→遅延損害金を取るようにしておく


「流動性リスク」 売却は簡単ではない!

不動産は流動性が低い投資商品です。つまり、売却したくても簡単に現金化できないということです。
売却しようと思い立っても実際に売却するまでには最低でも1~2ヶ月かかります。
売りたいタイミングで売ることができないリスクを「流動性リスク」といいます。

ワンルームマンション投資のリスクがいちばん少なく、賃貸効率が良い物件は、東京都内で築浅の中古ワンルームマンションの物件の中から選び、数物件保有することで、上記のようなワンルームマンション投資のリスクを低減できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
=================================================
ワンルームマンション投資