ワンルームマンション投資
  1. Top
  2. » ワンルームマンション投資渋谷区

築浅の中古ワンルームマンション投資が良い理由

スポンサードリンク


中古ワンルームマンションが新品同様ということは、様々なメリットがあります。
新しいということで借り手がすぐにつくので、家賃が確実に入る。
新品同様なのでしばらくの間はリフォームも修繕費用もかからない。
といったメリットがあります。
新品同様の中古マンションは、これからの耐用年数を考えると、20年以上経過した中古マンションに投資するより、はるかに投資効率が良いのです。

完成後の年数が浅い物件は、不動産投資にとって願ってもない絶好のチャンスです。
新築ワンルームマンションを購入して手放すと、おおむね7~8割の価格まで下がるといわれています。
新品同様のワンルームマンションが新品価格の7~8割の価格で手に入れることが可能ということです。

東京都内中古ワンルームマンションは、「バブル期物件」と「築浅物件」の2つに大きく分けることができます。
バブル期物件は価格も手ごろで高い利回りを期待でき、また築浅物件はバストイレ別、高速インターネット設備、宅配ロッカーなどグレードの高い設備が備えられているのが特徴です。

激戦区のワンルームマンション賃貸市場で勝ち残る条件としては、地域、立地、新しさ、賃貸水準の全ての面で、競合マンションとの競争力を持っていないと、厳しいかと思います。
一般論としては、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区))のマンションで、築5年以内、表面利回り10%以上であれば、買ってもいいレベルだと思います。

スポンサードリンク
=================================================

東京都内ワンルームマンション投資が良い理由

スポンサードリンク


東京都内は地方に比べて圧倒的に空室リスクが少ないからです。
賃貸にしても売買にしても、都心マンションの人気は衰えることはなく、需要という点では地方のマンションとは大きく異なります。

マンション投資では、元本であるマンションの資産価値を維持できること、そして想定される家賃で入居者を確保することができることが重要ですので、入居率や流動性を考慮すると都心のマンションのほうが無難であるのは間違いありません。
都心のマンションは地方のマンションに比べ、価格が高いので、一般的に期間の利回りは低くなり、そのため、利回り重視でマンション投資を考えていると、都心のマンションは敬遠されがちですが、利回りが高い理由には注意が必要です。
利回りが高いのは土地が安いから。建物がボロボロだからなどの理由が考えられます。
そのような物件には長期間の空室リスクや建物のスラム化などの致命的なリスクがあることに注意しなければなりません。


東京都内、横浜・川崎の駅徒歩10分以内の物件を推奨

賃貸需要が安定している東京都内、横浜・川崎など都心部の物件を選ぶことが空室リスクを防ぐ最大のポイントとなります。
良好な立地、駅近物件を選ぶことで、空室率を低く抑えることができるとともに、都内の駅近物件であれば、売却のしやすさ、つまり流動性を高くすることも可能です。

激戦区のワンルームマンション賃貸市場で勝ち残る条件としては、地域、立地、新しさ、賃貸水準の全ての面で、競合マンションとの競争力を持っていないと、厳しいかと思います。
一般論としては、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区))のマンションで、築5年以内、表面利回り10%以上であれば、買ってもいいレベルだと思います。

スポンサードリンク
=================================================
ワンルームマンション投資