ワンルームマンション投資
  1. Top
  2. » ワンルームマンション投資家賃滞納リスク

ワンルームマンション投資のリスク

スポンサードリンク


ワンルームマンション投資をするにあたっては、ワンルームマンション投資における「リスク」を十分に理解しておく必要があります。

ワンルームマンション投資のリスク
「空室リスク」「長期滞納リスク」「家賃滞納リスク」「流動性リスク」

ワンルームマンション投資のリスクの中でもっとも大きなリスクといえば、「空室リスク」です。
区分所有しているワンルームマンションが空室になれば当然、家賃収入はゼロになり、購入資金を金融機関から借り入れている場合は、返済や利息を自分でかぶらなければならなくなるため、ワンルームマンション投資 及び不動産投資にとっては「空室リスク」は最大のリスクになります。

そのほかに、ワンルームマンション投資で想定される十分に理解しておく必要がある重要なリスクには、「長期滞納リスク」「流動性リスク」「流動性リスク」などがあります。


ワンルームマンション投資のデメリット

空室や滞納者が出ると、一時的に賃料収入がゼロになる
入居者がいなくても管理費・修繕積立金は常に発生する
ローンを組んで購入した場合、インカムゲインがほとんど見込めなくなる恐れもある
 (居住用ではない為、住宅ローンよりも返済ローン金利が高い事業用ローンになります。)
事前に内見ができない場合がある(中古マンションの場合)
 (オーナーチェンジ物件を購入する場合は、入居者がいる為に、購入前にお部屋の中を確認することができません。)

スポンサードリンク
=================================================
ワンルームマンション投資