ワンルームマンション投資
  1. Top
  2. » サラリーマン賃貸アパート経営

不動産投資はサラリーマンに向いている

スポンサードリンク


長期的にそして安定的に不労所得を得るという意味においては、不動産投資、つまり賃貸アパート経営・賃貸マンション経営がサラリーマンが投資収益を得るための最も有力な方法のひとつになります。

不動産投資は資金的にも心理的にもハードルはぐっと高くなりますが、そうした壁を乗り越えれば、あとは仕組みがお金を生み出してくれます。

サラリーマン大家さんの中には、所有する物件を増やし続けている人はたくさんいます。
物件を取得するペースは個人の資金調達能力(自己資金の額や借りられるローンの額)によって違いはありますが、不動産投資は、時間さえかければ、成功の再現性が極めて高い投資対象です。


不動産投資とは、大家さんになること
区分所有のマンションか1棟アパート又は1棟マンションかの違いもありますが、数千万円から数億円もする物件をキャッシュで買うことは難しいですから、ローンを組んで買うことになります。
家賃収入からローン返済や経費を引いて、残ったお金が自分のお金というわけです。

大家さんの仕事は入居者の募集、契約の締結、更新、解約、入居者のクレーム対応や賃貸滞納の督促など様々な仕事があり、サラリーマンには無理だと思う方もいるこもしれませんが、そうした大家さんの仕事をすべて管理会社に任せてしまえば、サラリーマンをやりながら、ほとんど手間をかけずに家賃収入を得るしくみが出来上がります。


サラリーマンという立場がお金を生む
また、サラリーマンという立場がお金を生むということを知っているでしょうか。
金融機関は、基本的に「返済する意思と能力がある」と認めた人にしかお金を貸しません。
ここで有利なのがサラリーマンです。
サラリーマンの最大の武器は、毎月決まった収入があるということです。
その信用力によって銀行からお金を借りることができるのです。

いったいどれだけの人が、自分がサラリーマンというだけで、金融機関からお金を引っ張る力を持っているということに気づいているでしょうか。
この特権に気がついてフル活用する人と、それに気づかず、又はわかっていても活用しない人との間には、経済格差が発生するのです。

スポンサードリンク
=================================================
ワンルームマンション投資